フォアダイス、真珠様陰茎小丘疹、タイソン腺の見分け方【画像】

正確には、ブツブツが出来る部位によって呼び方が違うのです。以下に画像を使って解説します。それぞれ赤枠で囲った部分にブツブツが発生します。

 

フォアダイス

真珠様陰茎小丘疹

タイソン腺

フォアダイス

真珠様陰茎小丘疹

タイソン腺

 

フォアダイスを気にする男性

フォアダイスは言わば竿の皮膚部分に出来るもので、毛穴がプクッと膨れ上がったようになって目立ってしまう状態を言います。陰毛で隠れやすい部分ですし、個人的にはそれほど気にならないと思っているのですが、気にする方は気にするようです。

 

どちらかと言うと、私の場合は真珠様陰茎小丘疹(しんじゅよういんけいしょうきゅうしん)やタイソン腺の方が目立つし気になります。

 

真珠様陰茎小丘疹は、カリ首に白色系の肌色っぽい感じのブツブツが出来ます。個人差がありますが、私はカリ首のライン上を一周ブツブツが出来ていました。これは目立つし性病に間違われやすいので気になりました。

 

あと、真珠様陰茎小丘疹がある方はタイソン腺も高確率であるようです。タイソン腺は裏筋(包皮小帯)にあるもので、真珠様陰茎小丘疹の一部と言った感じのブツブツです。

 

これら3種類のブツブツをまとめてフォアダイスと呼ばれる事が多く、実際にクリニックの料金表などにも「フォアダイス除去費用〇〇円」みたいな感じで表記されています。多くの場合はカリ首に出来る真珠様かタイソン腺の事をさしています。

 

包茎の場合は皮で高温多湿状態にしてしまい、そこに雑菌が繁殖してしまいます。同時に恥垢なども溜まりやすくなります。これらが刺激となりカリにブツブツが出来やすくなると言われています。

 

尖圭コンジローマとの違い

 

若い男女のカップル

性病である尖圭コンジローマの場合は、ペニスのあらゆる部分に出来ますし、肛門の周りなどにもブツブツが発生します。そのブツブツの種類も明らかに異質であり、1か月も放置すればまるでキノコのようにブツブツが成長して大きくなります。

 

今はネットで簡単に情報が得られますので、性病かそうでないかの区別はある程度簡単ではありますが、昔はフォアダイスとコンジローマを間違ってしまい、フォアダイスを性病だと勘違いして泌尿器科に走る方が多かったようです。何を隠そう、私もその一人なのですが…。

 

私は真珠様陰茎小丘疹とタイソン腺が非常に目立っていたため、仮性包茎の手術の際に一緒に除去してもらいました。性病ではありませんし、パートナーに感染させる恐れもありません。

 

無理に除去する必要はありません。しかし、性病だと女性に勘違いされたり疑われたりするケースが多く、除去したいと考える男性は多いのです。

 

包茎専門のクリニックでは殆どのクリニックでフォアダイス除去治療も行われています。包茎手術を受けた後に再度治療に来る患者さんも多いようですので、気になるようであれば包茎手術同日に一緒に除去してもらうと良いでしょう。

 

包茎の悩みを解消したのに、次はブツブツの悩みを抱えて自信を持てずにいるようでは精神的な苦痛が大きくなりますからね。局所麻酔が効いているのでレーザーで除去する場合でも痛みは感じません。

仮性包茎手術ランキング

このページの先頭へ戻る