包茎と陰茎ガン、子宮頸ガンの因果関係は?

診察、説明をする医師

包茎の方が必ず陰茎ガンを発症するということではないのでその点を勘違いしないようにしましょう。陰茎ガンは、痛みを感じないので、発症しても気付かずにそのまま生活をしている方が多いといわれています。発症すると排尿困難を引き起こし、症状が進行すると陰茎に腫瘤ができ、痛みや出血を伴います。

 

そして、陰茎だけではなく他の部位に転移していく場合もあり、発見が遅れると手遅れになる危険性があります。包茎の方の場合、恥垢によって陰茎が刺激されるため、これが陰茎ガンの原因だといわれています。恥垢を溜めなければ陰茎ガンのリスクを抑えることができるので、包茎の方は常に清潔な状態を保つように心がけてください。

 

股間の病気

ただ、仮性包茎の方はまだ良いですが、真性包茎やカントン包茎になると亀頭を露出させることができないため、恥垢を取ることが難しいです。陰茎ガンのリスクを抑えるためにも、真性包茎やカントン包茎の方は、早めに治療を行った方が良いといえます。仮に陰茎ガンが発症した場合は、手術や放射線療法、化学療法などで治療を行うのが一般的です。

 

手術となると場合によっては、ペニスの根元から切断する可能性もあると思ってください。放射線療法は、あくまでも手術後の残っているガンを消滅させることが目的なので、放射線療法だけで治すというのは不可能です。また、薬を使用した化学療法は、ガンの再発を抑えることを目的としているので、治療効果は薄いです。

 

もし、陰茎に何かしらの違和感を感じたり、変化が見られる場合は、恥しがらずになるべく早く専門医に相談してください。陰茎ガンをそのまま放置してしまうと取り返しのつかないことになってしまうので、早期発見が非常に大切になります。

 

子宮頸ガンとの因果関係は?

 

語り合う若い男女

包茎である男性と性交渉をすると子宮ガンになるのか?このことを一度は耳にしたことがあるかもしれません。では、実際にそれは本当なのでしょうか。

 

答えは「Yes」です。確率的にはそこまで大きくありませんが、包茎の男性と性行をすることによって子宮ガンにかかる可能性は0ではありません。では、なぜ包茎である男性と性行をした場合子宮ガン、子宮頸ガンになる可能性があるのか。

 

大きな原因は不衛生であることです。恥垢が溜まりやすいのも原因の一つです。包茎の方と性行をすることによってウイルス感染する可能性が大きくはありませんがありえます。

 

その原因となるウイルスの名称は「ヒトパピローマウイルス(HPV:Human papillomavirus)」と呼ばれているらしく、約20%の包茎の男性に存在していると言われています。

 

包茎の方はこの20%の中に入らないよう、自分のペニスを清潔に保っておくことを意識しておきましょう。もちろん、包茎の方のみではなくパートナーの女性を守りたいのであれば、自分のペニスを清潔に保つということはマナー同然と言えるでしょう。

 

仮性包茎であると不妊に陥る可能性が?

 

若い家族

不妊の原因は、代表的なものではホルモン分泌障害や卵巣機能低下症などがありますが、仮性包茎が不妊の原因になるということはあり得ません。男性の方に不妊の原因がある場合、仮性包茎は全く関係なく、無精子症やED、早漏などが深く関わってきます

 

ただ、仮性包茎は直接的にはあまり関係しませんが、仮性包茎により自分のペニスが清潔ではなく、性交渉の際に相手の方へウイルスが流れ妊娠しづらくなるという間接的な原因はあるみたいです。しかし、これは性交渉の前にしっかりと洗っていれば払拭される問題ですので、そこまで重要視する必要はないと思います。

 

つまり、仮性包茎は最初に書いた通り、不妊に対してそこまで関わってきません。妊娠ができないからということで包茎手術を考えている方は、今一度ご検討しなおすべきだと思います。不妊を根本的に解決したいのであれば、病院などで診察し原因を突き止め、それの治療に専念するのが一番の近道でしょう。

仮性包茎手術ランキング

このページの先頭へ戻る