海外における包皮再生とは?

包茎手術

逆包茎手術などとも呼ばれています。包茎を改善するために手術で包皮を切除する、という話は日本でもよく聞く話ですが海外では逆に包皮を再生したいと考える方がいるということになります。

 

手術の方法は医療機関によっても違うようで、体の他の部分から皮膚を移植するという方法もあれば、特殊な器具を使って包皮を伸ばすという方法もあるようです。では、なぜわざわざこのような方法で包皮を再生するのでしょうか。

 

これには包皮の役割が関係しています。実は、包皮がある方が性交時により高い快楽を得られるとされているのです。これは包皮にグラインド機能と呼ばれる機能があるからと考えられているのですが、性交時、包皮は人間の動きに合わせてスライドするとされています。すると包皮によって摩擦が起こり、これによってより高い快楽を得られるという仕組みです。

 

女性

これは男性だけではなく、女性も同じで、あるアンケート調査によると包皮が余っている男性との性交の方が良かったと回答する女性が多かったという結果が出ています。こうした理由により、包皮を再生しようと考える方がいるのです。

 

また、包皮にはペニスを保護するという役割もあり、包皮を再生することによってペニスをしっかりと保護することができるとも考えられます。以上のようなことが理由で、海外では包皮再生手術というのが行われています。

 

現在のところ、日本国内の医療機関ではこの手術は行われていないため、どうしても包皮再生手術をしたいという場合は海外に行くことになります。ただし、今後は日本でも包皮再生手術が行われるようになる可能性はあるでしょう。

 

包皮というと悪いイメージを持っている方が多いと思いますが、こうした認識も将来的には変わっていくのかもしれません。そうなれば包皮再生手術もごく一般的なものになるのではないでしょうか。

仮性包茎手術ランキング

このページの先頭へ戻る