包茎でデメリットだと感じる事

仮性包茎

包茎の方の中には現状のままでも問題無いと思っている方もいるでしょう。確かに包茎だからといって命を落とす訳ではないので、絶対に手術をしないといけないという訳ではありません。

 

しかし、包茎のままだとたくさんのデメリットがあるので、症状によっては手術をされた方が良いです。包茎のデメリットとして最も大きいのは、衛生面に関する部分ではないでしょうか。

 

仮性包茎の猿

包茎だと常に包皮の内側がジメジメしており、雑菌が繁殖しやすい環境になっています。雑菌が繁殖すると悪臭を放ちますし、包皮炎や亀頭炎、尿道炎といった病気を発症させやすくなります

 

また、粘膜感染しやすいので、本来であればかかるはずのない状況でも、性病にかかってしまう場合があり、それを女性に感染させてしまう恐れもあります。包茎が原因で女性に膣炎という病気を発症させてしまうケースが多いので、注意しないといけません。

 

セックスで満足させられない…

 

セックスの時に女性を満足させられないというのも、包茎の大きなデメリットです。包茎というのは亀頭が包皮に覆われている状態なので、刺激に弱く、射精をコントロールできないことが多いです。これを早漏というのですが、あまりにも敏感な方だと膣に入れた瞬間に射精してしまうことがあります。

 

若い女性

女性からすると長くセックスを楽しみたいと思っていたのにすぐに終わってしまうので、満足することができませんし、包皮がだぶついているせいで、女性に快楽を与えづらくなります。

 

包茎の場合は亀頭の成長を妨げ、いわゆる「先細り」の状態になりやすいです。これも女性への快楽に悪影響だと言う意見もあります。カリが太く開いた状態のほうが女性の性器を刺激しやすいというわけです。

 

見た目のコンプレックスに苛まれる…

 

会社の上司と部下

また、自分が包茎だということに対して、コンプレックスを抱くというのもデメリットといえます。包茎は子供というイメージが強いので、他の人に見られたくないと思うあまり、性行為を拒んだり、銭湯や温泉に行けないという人もいます。

 

この外見上のコンプレックスを解消するために手術を行うという方が多いのです。若い世代だけでなく、50代や60代でも包茎手術を受ける方が多い理由の一つでもあります。

 

私の場合は会社の同僚や部下、友人などと温泉に入るシーンで酷くコンプレックスを感じました。普段は先輩面をしている後輩に対して、皮がたっぷり被っている包茎ペニスを見られるのはとても苦痛でした。

 

必死に見栄剥きをして乗り切ろうとしても、気を抜くとすぐに被ってしまうので油断が出来ず、とても温泉を楽しむといった気分にはなれません。包茎を見られないように最後まで湯船に浸かって逆上せそうな状態で風呂上りにビールを飲むと、一発でダウンです。

仮性包茎手術ランキング

このページの先頭へ戻る