包茎手術で感度が低下してしまう後遺症

裏筋

所謂、裏筋と呼ばれるもので、男性の場合はココに性感帯が集中していると言われています。そのため、この包皮小帯を包茎手術で切除してしまうと、感度が低下してしまうといった報告が多くされているようです。

 

しかし、現在では亀頭直下や環状切開などでもVカット温存などの方法を用いて、包皮小帯と包皮内板(内側の皮)を切除しない手術が主流となっています。

 

そのため包皮小帯が切除されて感度が低下したといった報告も少なくなっているようです。私自身も亀頭直下埋没法の包茎手術を受けていますが、包皮小帯は元の状態のまま残っています。特に感度が低下したといった印象もありません。

 

そもそも包皮小帯自体には性感帯は無いといった意見もあります。包皮小帯はただの皮であって、性感帯を感じる神経はペニスのもっと奥深くにあるものだといった意見もあり包皮小帯の切除自体は感度に関係ないとも言われています。

 

感度に疑問を持つ人

また、感度が低下したと感じる男性の中には、これまで皮を使ったマスターベーションが当たり前だった状態が、包茎手術を行ったことで亀頭を中心に擦るマスターベーションに変わった。そのことで感度が低下したと感じる方もおられるようです。

 

他にも包茎手術で亀頭が露出し、パンツなどで擦れる事で皮膚化していきます。つまり刺激に強くなっていきます。このことで早漏の改善になるなどといったメリットも人によってはありますが、この刺激に慣れた状態こそが感度の低下だと感じる方もおられるようです。

 

感度については個人の感じ方がかなり大きく関係してきますので、必ずしも包皮小帯を傷つけなければ感度が低下しないとは言い切れません。目に見える変化ではないため判定が難しいところも断定しづらい原因だと思います。

 

包茎クリニックカウンセリング

理論上は包茎手術で感度が低下する事は無いといった意見もありますし、偏見を持って包茎手術に臨むと、ちょっとした感じ方の変化が「感度の低下だ」と勘違いしてしまうこともあるでしょう。事前のカウンセリングの際に感度についても医師に相談して、しっかりと納得のいく回答を得るようにすることも大切です。

 

むしろ個人的には、包皮小帯が無い状態のペニスは「見た目的」に問題がある、こちらのほうも感度と同じく重要ではないかと思います。本来あるはずの裏筋部分が綺麗さっぱり無くなっている状態では、明らかに不自然です。そういった意味でも包皮小帯は残すことを包茎手術には希望するべきだと思います。

仮性包茎手術ランキング

このページの先頭へ戻る