包茎がカンジダ性亀頭包皮炎になりやすい理由とは?

このカンジダというのはカビ菌であり、植物の一種ですので一度発症すると簡単には治癒しません。まず最初にカンジダ性亀頭包皮炎の特徴についてご紹介します。

 

  • 亀頭が白くカサカサになる
  • 亀頭に赤や白の斑点が出来る
  • 亀頭の根元に恥垢のような白いカスが溜まる
  • 個人差があるが痒みも感じる

どんな時に発症するのでしょうか?

 

  • 性行為の後
  • 薬の使用で免疫が低下している状態の時

カップル

女性の性器には、もともとカンジダ菌が常在菌として存在しています。性行為の後に男性の亀頭に菌が移ること自体は問題ではありません。

 

性病であれば菌が移ることで感染してしまいますが、カンジダ菌は性病とは違います。カンジダ菌自体は数が増え過ぎなければ普段は何も悪さをしない大人しい菌です。

 

いわば受け手の方である男性の免疫状態に原因があるとも言えます。カンジダ菌は水虫と同じであり、付着しても免疫力があれば感染する事はないのです。そして、水虫が梅雨の時期など高温多湿を好むように、このカンジダ菌も高温多湿な状態を好むのです。

 

包茎とカンジダ性亀頭包皮炎の因果関係は?

 

ここでやっと包茎との因果関係になります。もうお気づきかもしれませんが、包茎の人の亀頭は包皮に包まれて高温多湿な状態になりやすいです。つまり、カンジダが付着して繁殖し、感染する環境としては非常に良いコンディションだという事です。

 

しかも、軽く発症してしまったら最後、多くの男性は亀頭の異変を見て、まず第一に綺麗に洗おうと石鹸でゴシゴシしはじめます。これがカンジダ菌の繁栄を促す事になってしまうのです。

 

カンジダは石鹸で洗いすぎることなかれ!

 

シャワーをする男性

亀頭の白いガサガサが気になりだすと、必至に石鹸で洗って綺麗にしようとしますが、これは完全に逆効果です。亀頭に付着している常在菌のバランスが崩れてしまい、カンジダ菌(カビ菌)の繁栄を促してしまうからです。

 

具体的には、石鹸で殺菌できるのは細菌であり、カビ菌は殺菌できません。これによって、相対的に細菌の数は減り、カビ菌の数が比率として増える事になります。

 

これでは益々炎症が酷くなるばかりです。細菌が繁殖した場合は白血球の免疫が退治してくれますが、カビ菌の場合は退治できず、ただ炎症を繰り返すのみです。

 

カンジダの治療方法とは?

 

泌尿器科医

カンジダの治療方法としては、必要以上に洗わずに、真菌用の軟膏を使って治療する事になります。薬局で売られている抗真菌剤のラミシール軟膏やラミシール軟膏プラスなどを使う事が治療には良いと言われています。

 

ただし、本当にカンジダなのかどうかといった判断も素人目では怪しいところがありますし、誤って使うと薬剤性皮膚炎などを起こす可能性もあります。素直に泌尿器科で診断してもらう事をお勧めします。

 

包茎専門クリニックでも検査してもらえます。自由診療なので保険証に性病の検査や治療を受けた履歴が残らないのでこちらを選ばれる男性も多いようです。

仮性包茎手術ランキング

このページの先頭へ戻る