包茎手術後の諸種の禁止期間

包茎の悩みから解放されるぞ!と油断してしまって包茎手術後の注意を守らないでいると、トラブルが起こってしまうことがあります。こうしたトラブルを避けるためにも、包茎手術後の注意点をまとめておきますので確認しておいて下さい。

 

禁止期間の目安一覧

  • シャワー…3日目以後
  • 軽い運動…3日以後
  • アルコール…1週間以後
  • 激しい運動…1週間以後
  • マスターベーション…3週間以後
  • 性行為…3週間以後
  • 温泉…3週間以後

 

包茎手術を行った当日についてから書いていきます。手術当日は自宅に戻った後に痛みや出血があるかもしれません。しかし、少しの痛みや出血程度であれば問題はありませんので大丈夫です。歯を抜いた事がある人なら分かるかと思いますが、少量の出血が翌日くらいまで続きます。

 

ただし、包帯にまでしみてくるような出血などがあった場合は、すぐにでも手術を行った病院で確認して貰いましょう。この出血が多量なのか少量なのか、分かりかねる場合も電話等で問い合わせて確認してみてください

 

シャワーを浴びる男子

手術をした当日は、ともかく安静にするようにしておくと良いですね。手術後2日〜3日目くらいまではシャワーを浴びるなど入浴は控えるようにして下さい。軽く絞ったタオルなどで身体を拭いてきれいにしておきましょう。

 

トイレに関しては、手術当日から1週間くらいの間は飛び散ることが多いようですので、洋式トイレをお使いなら座って用を足すと良いです。下着に関しては、陰茎を固定しやすいブリーフタイプのものを履く方が安心です。

 

汗をかきやすい季節や仕事をしている場合は、換えの下着を用意しておいて履き替えるようにして下さい。手術後、1週間ほど経過するとブリーフ以外のトランクスなどでも大丈夫です。

 

生ビール

飲酒に関しては手術当日は厳禁となっており、目安としては術後3日目くらいからは飲酒をしても構いません。喫煙の場合は、手術当日に限っては本数を減らすようにしておきましょう。術後1日経過すると自由に喫煙しても大丈夫です。

 

自慰行為、性交渉に関しては抜糸が終わるまでは避けるようにしておきましょう。また、抜糸後も医師からの許可が出るまでは行わないようにする必要があります。勃起をしてしまうことも厳禁となりますので、性的な刺激を催すものは遠ざけておくと良いですね。

 

あと案外油断してしまうのが温泉です。包茎が治ったって事で早速温泉で堂々と歩く姿を世間に自慢したい気持ちは分かりますが、温泉には菌が多いのも事実です。

 

包茎の傷跡が十分に癒えない状態で温泉に行き、感染症を貰ったりする恐れもあります。自宅での入浴が可能になっても、しばらくは温泉を楽しむ事は我慢しましょう。

仮性包茎手術ランキング

このページの先頭へ戻る