亀頭直下埋没法と環状切開法が合体した亀頭直下環状切開法とは?

包茎手術風景

包茎手術法のマメ知識として知っておこうと私が調べた知識をご紹介します。包茎手術を受ける方にとってはココまで詳しくなくても良いのかもしれませんが、中には色々知っておきたいと考えている方もおられるでしょうから。

 

まず亀頭直下環状切開法というのは、亀頭直下埋没法と環状切開法(切除法)の2つを掛け合わせた技法となります。それぞれの技法について確認しておきましょう。

 

亀頭直下埋没法のメリットデメリット

亀頭直下埋没法は、亀頭を覆っている内板(亀頭に触れている余分な皮)を切除してカリの溝あたりで縫合する技法です。通常は包皮小帯(裏筋)も同時に切除します。内板や包皮小帯をキレイに切除するため、感度が落ちると言ったデメリットが挙げられています。

環状切開法のメリットデメリット

次に環状切開法についてですが、こちらは文字通り環状に余分な皮を取り除く技法です。縫合部分がペニスの中央あたりにくるような簡易的な技法であるためツートンカラーとなり傷跡が目立ちやすいのがデメリットです。その反面、亀頭に近い内板を切除しすぎないため感度の低下などは無いとされています。

亀頭直下環状切開法とは?

そして本題の亀頭直下環状切開法というのは、環状切開法で皮を取り除き、その傷口を亀頭のちょっと下あたりに持ってくる技法です。包皮小帯を残しつつ、傷跡もカリのちょい下あたりなので目立ちにくいと言う、両者のデメリットを補いつつ、メリットを兼ね備えた技法となっています。

 

クリニックによって呼び方は違うため、亀頭直下環状切開法といった名称ではないかもしれません。亀頭直下埋没法+包皮小帯温存法といった呼び方をしているクリニックもあるようです。いずれにしても、切る包茎手術で最も術後の仕上がりや機能面の保全に良いとされている技法となります。

仮性包茎手術ランキング

このページの先頭へ戻る