亀頭増大術の方法やメリットデメリット

包茎クリニックのカウンセリング風景

仮性包茎の治療の1つに亀頭増大と言う方法があります。あまり耳馴染みのない言葉かもしれませんが、基本的にその言葉通り、亀頭の増大を行う方法のことです。

 

亀頭増大にはメリットやデメリットがありますので、確認していきましょう。先ずメリットですが、亀頭増大法を行うことによって亀頭をそのものを大きくさせるだけではなく、亀頭を強くしたり、早漏を改善することの効果も期待出来ます。

 

また、最初に書いた通り、軽度の仮性包茎の場合は亀頭を増大することによって包皮を亀頭にひっかけることが出来るようになって、亀頭を露出することが可能です。亀頭を増大する方法としては、基本的にカリと呼ばれる亀頭のカサの部分に専用の成分を注入していく方法がとられます。このことによって、亀頭が強化されて、刺激にも強くなることから早漏の改善に効果もみられます。

 

亀頭増大において、カリに注入される成分としては、ヒアルロン酸やコラーゲン、アクアミド、バイオアルカミドなどの成分があります。これらの成分の違いとしては、持続時間を長くするものであったり、人体に対する安全性が高いものなど、それぞれに特徴があると言っても良いです。

 

こうした成分を亀頭に注入することで、亀頭のカサ部分が増大することになり、亀頭部分が大きくなるのと同時に感覚のコントロールがしやすくなるそうです。早漏の原因としては自分で感覚のコントロールができないことが一つの原因ですので、亀頭増大をすることで早漏が改善されるという訳です。

 

最近では、シトルリンXLやゼファルリンと言った精力剤による亀頭増大サプリも人気があります。ネットで体験談を探せばいくらでも出てきます。自宅で手軽に亀頭を大きくしたいと思っている人なら一度取り寄せて使ってみると良いかもしれません。

 

若いカップル

また、亀頭増大をすることで性交渉をするパートナーに対しても、刺激を引き上げることが出来るようになります。カリ高なほど刺激を与える為、女性には好都合だと言われています。逆に先細りのペニスだと刺激が少ないのだとか…。

 

人それぞれの個人的主観によるものが多分に含まれているかと思いますが、ヤフー知恵袋などで女性の本音をリサーチしてみると、概ねカリは高いほど良いと言った意見が目立ちます。2ちゃんねる等を見れば赤裸々に書かれていて色々と考えさせられます。

 

反対に、亀頭増大のデメリットとしてはどんなものがあるのかと言いますと、基本的には大きなデメリットはありませんが、亀頭増大は1度行うとその効果が一生続くものではないことを覚えておくと良いでしょう。亀頭増大法とは上でも書いたように、いくつかの成分を注入することで行われる方法です。

 

しかし、上であげた成分は時間の経過とともに少しずつ体内に吸収されていき、少しずつ増大した亀頭も小さくなってきます。この為、増大した亀頭を維持するには定期的に治療を受けることが必要となってきます。

 

亀頭の大きさで悩む人の多くは包茎です。特に仮性包茎の人で手術を受けずに放置していた人などは亀頭の成長が妨げられてしまい、後になって悩むケースが多いようです。また、仮性包茎の手術を受ける事で亀頭の成長が促され、先細りやカリ小の悩みが解消されるケースもあるようです。

仮性包茎手術ランキング

このページの先頭へ戻る