子どもの包茎と対処方法|手術すべき時とは?

子ども

子どもの生まれつきの包茎を生理的包茎と呼びます。むしろ、生まれてきた男の子が包茎ではないと何かしらの病気を疑った方が良いかもしれません。そのため、小さな男の子をお持ちの親御さんは、包茎だからといって不安にならないでください。

 

ペニスは年齢を重ねるごとに成長し、勃起を繰り返す事で皮が伸び、次第に包皮と亀頭の癒着が取れて包茎が解消されます。14歳や15歳といった思春期くらいまでは、包茎という男の子も珍しくなく、思春期を過ぎた当たりでようやくほとんどの男の子が包茎ではなくなります。

 

ペニスの成長や勃起、マスターベーションなどの刺激により亀頭と包皮が剥がされ、自然と仮性包茎の状態になっていきます。こういう意味では、思春期の男子が自己嫌悪感に苛まれながらもマスターベーションを繰り返す事は必要な事なのです。

 

既に中学生等のお子さんの場合は母親としては子どもの下半身の衛生管理が行き届かない、むしろ管理できない状態かと思います。父親が対応するか、親戚の叔父さん等男性による指導が好ましいです。

 

中には母親がそういった知識を取りいれ、息子さんに指導されるケースもあるようです。また、この時期に子どものことが心配になって、病院に行くという方も多いですが、まだまだ成長途中の時期なので手術を受ける必要はありません。医師からも様子を見た方が良いと言われるケースが多いので、温かい目で見守っていきましょう。

 

思春期にマスターベーションを行いすぎると、皮が伸びてしまい仮性包茎が酷くなると言われています。伸ばしすぎて皮が多く余ってしまうのです。何事も中庸が大切で、やり過ぎは禁物です。過ぎたるはなお及ばざるがごとし、とはまさにココでも当てはまる諺です。男親で息子さんがおられる場合は、それとなく教えてあげると後々感謝されるかもしれませんね。

 

手術が必要だとされるケース

 

子どもの包茎について説明する医師

場合によっては子どもに包茎手術を受けさせた方が良いこともあります。例えば、包茎が原因で発症する亀頭包皮炎を何度も繰り返すという場合は、手術を検討された方が良いでしょう。

 

亀頭包皮炎とは、包皮の先端が炎症を起こしてしまい、赤く腫れあがってしまう症状のことで、通常はそこまで頻繁になりませんし、抗菌薬の内服やが外用薬を使用すればすぐに治ります。主に3歳以前後の男の子に多い症状です。

 

アトピー

しかし、中には何度も何度も亀頭包皮炎を起こし、痛みに耐えることができないという子どももいます。特にアトピーなど皮膚が弱い子どもに多いようです。そういった場合、そのまま放置するよりも、専門医に相談して、状況によっては手術をさせた方が良いです。目安としては年に1度だけでなく、4回以上繰り返す場合に包茎治療の検討余地があると言われています。

 

場合によっては子供の包茎内に溜まった白っぽい(場合によっては黄色っぽい)恥垢を無理に取り除こうとして傷つけてしまい、そこから炎症などを起こすケースも考えられます。子供の場合、恥垢は殆ど無害であり無理に取り除こうとする必要はないそうです。不潔な手で弄ったりするほうがかえって害になります。また、お子さんに汚い手で性器を触らないように十分に指導する事も大切です。

 

あと小を足す際に包皮がバルーン状態(水風船)のような状態になる場合があります。包皮が狭すぎて排尿が十分になされない状態です。これは放置しておくと、性器に何かしらの障害が出るリスクが考えられます。手術適応と言えるでしょう

 

排尿が上手になされない事と関連しますが、尿路感染症を起こす場合は重篤な病気である腎盂腎炎に繋がる恐れがあります。この場合も包茎手術を検討する余地があると言われています。

 

仮に子どもの包茎手術を行う場合、病気ではないということを大人が理解してあげる必要がありますし、子どもにもしっかりと説明しないといけません。子どもだから分からないと決めつけず、子どもなりに納得させてあげる事が大切です。後々心の傷として大人になっても消えずに残る可能性があります。

 

思春期の時期だと心が不安定なので、包茎手術に対してマイナスのイメージしか抱かないという場合もあります。この時に強引に手術を受けさせても、子どものプライドを貶すことになってしまい、親子関係が悪くなる可能性があります。炎症したり排尿が困難などの日常生活に支障が無いのであれば、一先ずは様子見で良いでしょう。

仮性包茎手術ランキング

このページの先頭へ戻る