尖圭コンジローマの感染率と感染経路

若い男女

イボが出るかどうかは、自身が持っている免疫によるところが大きく、コンジローマに感染しても、自己治癒力で完治してしまう人もおられますし、免疫が弱まると定期的にイボが発生しては自然に治っていくというケースもあるようです。

 

2000年ごろからの統計によると、コンジローマにかかったと報告された人数は2000年では約4,500件であったのに対し、2005年では6,700件と感染率は増加傾向にあり、性別や年齢ごとのデーターでは、女性は20歳から24歳まで、男性は25歳から29歳までが感染者の多い年齢層となっています。

 

全国で4万人近くの患者さんがいるとも言われており、尖圭コンジローマの感染は、コンドームなしの性交などだけではなく、公衆浴場などでも感染するのでどの年齢の方も注意が必要な性感染症です。

 

コンドーム

感染率を下げるためには、やはりコンドームなしなどの適切な避妊をしないで行う無防備な性行為をやめておくことと、パートナーの性器に違和感がある場合には、自分に感染してしまう可能性がありますから、皮膚科や泌尿器科に行くようにパートナーにすすめることが大切です。

 

女性の場合には、コンジロームだけではなく子宮頸がんになるリスクなども言われていますから、おかしいなと感じたらすぐに医療機関に相談することが大切です。

 

尖圭コンジローマの感染経路とは?

 

大衆浴場

尖圭コンジローマでできるイボはニワトリのとさかのような形をしており、痛みやかゆみなどの症状はありませんが、イボがどんどん増えていく、他人にうつるという伝染性があり、感染経路は風俗店などでの肉体的な接触の他にも、銭湯やサウナなどの公衆浴場でも感染します

 

潜伏期間が1〜8カ月ほどと発症時期に幅があり、症状が出ないまま自己免疫で完治してしまうケースもあります。しかし、通常は皮膚科や泌尿器科で、薬を塗りながら治していく方法もありますし、液体窒素や電気レーザーで病変を焼き切ってしまうという方法もあります。

 

外から見える部分ですとレーザーで焼き切ることも簡単ですが、膣内など治療が難しい箇所に発症した場合には、完治までに時間がかかるケースもあるようです。

 

風俗

尖圭コンジローマは一般的に風俗や不特定多数との性交で感染する性病というイメージが強いのですが、感染経路は公衆トイレやお風呂などの公共の場所でうつることもあるので、必ずしも「パートナーに内緒で風俗へ行ったのでは!?」相手の不貞などが疑われるケースばかりではないので注意をしましょう。

 

予防のためには、感染経路の原因になりそうな公共な場所でのタオルや足ふきマットが清潔であるかに注意をすることと、一番の予防は性交する際のコンドームの使用を徹底することと、相手の性器にイボのようなものがないかを事前にチェックする事が大切です。

仮性包茎手術ランキング

このページの先頭へ戻る