真性包茎と仮性包茎の違い

若い男女のカップル

真性包茎と仮性包茎の大きな違いは、手で包皮をめくることができるかどうかだと思ってください。真性包茎の場合、包皮が亀頭と癒着していたり、包皮口が狭くなっていたりして、手で包皮をめくることができません。

 

仮に無理に手でむこうとすると激痛を伴ったり、出血する可能性があるので、注意してください。そのため、勃起をしても包皮をめくることができないので、そのまま性行為をするしかありません。

 

一方、仮性包茎の場合、包皮をめくろうと思えば手で簡単にめくることができますし、平常時は皮で覆われていても、勃起すると自然に皮がめくれます。このように仮性包茎であれば、真性包茎とは違い、包皮がめくれた状態で性行為を行うことができます。

 

そして、衛生面にも大きな違いがあり、真性包茎は仮性包茎と比較すると清潔な状態を保ちづらいということです。ずっと包皮に覆われているということは、常にじめじめしている状態なので、細菌が繁殖しやすいです。

 

また、お風呂に入った時に洗おうと思っても、しっかり洗うことができないので、性病に感染するリスクが高いです。仮性包茎であれば、手で包皮をめくることができるので、お風呂に入った時に念入りに洗うことができ、性病リスクは真性包茎よりも低いです。

 

若い家族

性行為を行う場合、真性包茎だと状態によっては精液を膣内に発射することができませんが、仮性包茎であれば問題無く発射できます。膣内に発射できないということは、子供を作ろうと思った時に非常に不利になります。

 

仮性包茎だと手術をする必要はないかもしれませんが、真性包茎の場合は、私生活に大きな影響を与えるので、早めに手術をした方が良いでしょう。また、仮性包茎の人もコンプレックスに感じているのであれば、手術を受けた方が良いかもしれません。

 

私の場合は仮性包茎でしたが包茎手術を受けました。陰毛を巻き込む事も多く、そのことで傷が出来て炎症することもありました。勃起しても亀頭が綺麗に露出出来ないほど皮が余っていましたし、酷く気にして生活をしていたので手術を決断しました。結果的に包茎の悩みは0になり、今思えばもっと早く受ければよかったと思うくらいです。

仮性包茎手術ランキング

このページの先頭へ戻る