長茎手術の方法やメリットデメリット

包茎治療の1つに長茎(ちょうけい)手術があります。この長茎手術とはいったいどんな手術なのかを書いていきましょう。長茎手術とは文字通りに陰茎を長くさせる手術のことです。長茎手術には大きく分けると3つの方法がありますので、それぞれ紹介していきます。

 

埋没陰茎修正術

長茎手術の中でも代表的な手術が埋没陰茎修正術です。埋没陰茎修正術のメリットとしては、陰茎の長さが2センチから5センチ程度長くなるといったことがあります。どういう手術なのかと言いますと、お腹に埋もれてしまっている陰茎を手術によって露出させる手術です。包茎手術を行っても完全に亀頭の露出が難しいような状態であっても、埋没陰茎修正術を行うことで、亀頭を露出させることが可能です。また、軽度の仮性包茎ですと亀頭を露出させる効果もあります。

 

下腹部脂肪吸引式長茎術

次に、下腹部脂肪吸引式長茎術があります。下腹部脂肪吸引式長茎術とは、脂肪で隠れてしまっている陰茎を引き出す手術になります。陰茎そのものが長くなりますので、見映えもすることから陰茎の長さで悩んで人の場合はコンプレックスを解消することが出来ます。また、ダイエットをしても痩せにくい場所である下腹部の脂肪を取り除くことになるので、下腹部が引き締まって見えるメリットがあります。また、埋没陰茎修正術と同様に、一部の包茎の改善にも効果を期待することが可能です。

 

リパス陰茎増大長茎術

最後にリパス陰茎増大長茎術です。リパス陰茎増大長茎術とは、陰茎に注射をすることによって注射剤の重みによって陰茎を長く伸ばす長茎手術です。手術とは言ってもリパス陰茎増大長茎術の場合は、メスを使うことなく注射のみで治療をすることになります。効果としては、陰茎が長くなるだけではなく太くなることです。また、お腹の中に埋もれている陰茎も引き出してくれる効果を期待することが可能です。

 

長茎手術のデメリットとしては、上にあげたすべての長茎手術に言えることですが特にはありません。強いて言うのであれば、長茎手術を受けてから一月ほどは自慰行為も含めて、性的な行為を避けないといけないことです。包茎手術の場合と同じですね。術後の経過次第ではさらに長い期間、性的な行為を行うことが出来ませんので覚えておきましょう。

長茎手術を受けた人の体験談

長茎手術体験者

昔からペニスの長さや大きさには自信がなくて、学生の頃から、同級生と一緒に風呂に入らなくてはいけない場面などでは、ひたすら前を隠してやりすごしました。ホームページで日本人の平均的なペニスの長さが13センチと知って、あれ…やっぱり自分の長さは短い方なんだと実感して、広告にのっていた長茎術に興味を持ちました。こんな人が多いでしょう。

 

様々な男性向けの美容クリニックで、長茎術やペニスの悩みに応えるための治療方法がいろいろ提案されていたんですが、どうもメスで切るタイプの手術は後遺症として大きめの傷ができる事もあると知ってちょっと心配になりました。

 

色々調べていたけど、切るタイプの長茎術の場合は、陰毛が濃いタイプの方であれば、陰毛の下に隠れてしまうのかと思うのですが、私は元々傷跡がくっきり残るタイプの敏感肌で、しかも陰毛も薄いので後遺症の傷で手術をしたのがバレバレになるのは辛いなと思ったので、切らないタイプの長茎術を選びました。

 

手術を受ける前には、クリニックで実際に同じ手術を受けた患者さんの症例写真を見せてもらうことができるので、どのくらいの傷跡になるのかチェックができたので、その辺も心強かったかなと思います。

 

手術を受けてみての感想は、あっと言う間に終わったなということと、傷跡がほんの小さいものだけなので、陰毛に隠れて小さいアザぐらいにしか目立たなかったのでほんと良かったです。小さい傷の他には目立った後遺症もなく、なんとか手術で日本人の平均的なペニスのサイズになれたのでこれからは女の子を誘うのにも自信が持てそうです。

仮性包茎手術ランキング

このページの先頭へ戻る